比較検討を行って最適な状態で貸すことができたマンションの事例について

結婚した当初に購入したマンション

以前はマンションに住んでいて、物件は2LDKの一般的な規模の室内でした。
結婚した当初に購入した物件になり、住宅ローンに関しては約20年ローンを利用していて、着々と残債が減っていくことになりました。
家族に関しては後に子供が2人できたことによって、生活環境が大きく変わることになり、子供が成長した際には、このマンションでは手狭な状態になってしまいました。
このことに関しては、実際には想定済みのことになり、後に一戸建て住宅を購入することを検討していたので、大きな問題に感じることがありませんでした。
実際に子供が小学校に入学する際には、住宅ローンの残債を一気に返済したことがあり、新しく住宅ローンを組み直して、より良い環境の場所に一戸建て住宅を購入することができました。
その結果として以前住んでいたマンションは不要になってしまったのですが、初めの段階では売却することも検討していました。

結婚した当初に購入したマンション | 売ってしまうよりも貸す方法にメリットがある? | 順調に賃貸マンションのオーナーとして生活できている